お出かけ

かもしーかも。

鴨川シーワールドって、遠いからお客さんも少ないのかなと思っていたら、案外そうでもなく。

駐車場もしっかり埋まっていました。

 

パフォーマンス絡みはほぼ定員が埋まり、完売だったので小梅ちんがブーブー。

http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html#/performance_discoveryGuidance

着くと間もなくイルカのショーが始まり・・・

Imgr_0001

その能力の高さに感動。つるつるで綺麗ね~。

なのに海の豚って、だれよ、そんな漢字を宛がったの。

巨大なマンボウと記念撮影。Imgr_0002

まったくもって不思議な生き物。

こんなに大きくなるのね。。。

 

お次はシャチのショー。

Imgr_0005_2  おー!  ・・・どうだっ!Imgr_0006

もういっちょ・・・よいしょっ!!

Imgr_0003 Imgr_0004  

目の当たりにするとすごい迫力。

シャチなんて、獰猛で海ではちょいと名の知れた暴れん坊なのに、この綺麗なお嬢さん方はシャチを自在に操り、抱きついたりチューしたり。

彼氏は見ていられないのでは?

・・・などとオバちゃんの余計な心配はさておき。

立て続けにアシカのショー。2列目のど真ん中、いいお席に座ることが出来ました。

有名ですよね。ここのアシカくん。

Imgr_0007 あらよっと!

              ゆる~い小芝居は、子供たちに大うけ(笑

Imgr_0008Imgr_0010 

器用なんですね。号泣シーンです。

 

これはCMでも有名。Imgr_0009_2

 

本当に「いひひ」と笑っているみたいで、見ているこちらも笑顔になっちゃいます。

 

お次はベルーガのショー。。。ああ、忙しい。。。Imgr_0011 ベルーガって可愛い顔してる。

 

水族館を堪能して外に出ると、マンボウ焼きという焼き菓子を売っていて、小梅が欲しがるので、買ってみることに。

8マンボウで300円、15マンボウで500円。

どうせ大して食べないだろうと8マンボウを頼んだら・・・

Imgr_0012

「1マンボウ、2マンボウ、3マンボウ・・・」

と数えながら袋にポイポイ・・・

「8マンボウ、8マンボウ、8マンボウ・・・」

???

「もひとつおまけに8マンボウ!」

結局15個も頂いてしまいました。

小梅ちん、大満足。Imgr_0013

アメリカ大陸をバックに(見えんてw)、満面の笑み。

とっても美味しかったそうです。13.5マンボウ食べました。(笑

 

帰りは車の中で爆睡。

とても楽しかったようで、頑張って連れて行った甲斐があったね、旦那ちん。

「俺は運転しかしてなかった気がする・・・」

うん。うん。おつかれちゃん。

帰りは助手席で居眠りしないように頑張りました。(笑

 

おまけの1枚。

Imgr_0015

でっかいウミガメの甲羅。まるで陶器のようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんや

千葉に越してきてから、保育園や小学校で配られる鴨川シーワールドの割引券を持ち帰るたび、行ってみたいと懇願していた小梅ちん。

逗子に住んでいたころは幾度となく八景島シーパラダイスに連れて行っていたのだけれど、鴨川はあまりにも遠くて行く気がしなかったわたしたち。

でも、ここのところのお稽古事への頑張りと、これからしばらく仕事で小梅に我慢をさせなくてはならない時期が続くことを思い、意を決して行ってみることにしました。

 

しかしまぁ、遠いこと。

日ごろの疲れもあり、私は助手席で夢の中。

ごめんねー、旦那ちん。

どうしても旦那の車に乗ると、途端に催眠術にかかったように寝てしまうんです。。。

 

旦那ちんが下調べをして見つけた『ばんや』というお店。

http://www.awa.or.jp/home/hota-gk/oshokuji/oshokuji.html

かなり有名らしく、着くとすごい人だかり!

駐車場の車のナンバーもかなり遠方からの車が多くて驚きました。

F1000139

中はぎゅうぎゅうで入り口にも人が溢れていますので、呼び出しまでの間、みんなこうして大人しく待っています。

しかし驚くほど回転率がよくて。別館とか新館とか、客席がかなりの数。

入り口でマイクとお客さんのリストを持ち、案内誘導をしていた女性が素晴らしく捌けた方で驚きました。

 

お魚料理を楽しみに参りましたが、刺身の盛り合わせをチョイス。

F1000136

お刺身も一切れが大きい。ごはんも多かったので、小梅と分けてちょうど良かったな。

お隣のご紳士が召し上がっていた鰤のかま焼きが美味しそうで羨ましかったのだけど(笑

F1000135

小梅はまたもや、イカげそ揚げ(笑 

 

新鮮なお魚を堪能し、いざ鴨川シーワールドへ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ3日目

今回は2泊3日のキャンプ。

 

早めに撤収準備を進めておいたので、目処が着いたころ小梅をジェルキャンドル作りに参加させました。

ちょっと高いなと思ったのですが、どうしても作りたいというもので。

Img_0012

Img_0011Img_0008_1

小梅ちん、やはりここでも真剣そのもの。

Img_0009_1

中のパーツや色、香りも自分で吟味し、綺麗な海の底のお魚と珊瑚のキャンドルが完成しました。

Img_0007_2   

11時にチェックアウトして、近くにあるどうぶつ王国とやらに行きました。

が、信じられないくらいの大入り満員!

広い臨時駐車場から送迎バスがあるのですが、これが相当足りなかったらしく、なんとレンタカーの大型バスまで。

ざっと見た限りでも、送迎バスは7台くらいをひっきりなしに運行していたようです。

 

どうぶつ王国ではレンタルペットができるということでしたが人出の多さにレンタルは売り切れ。

小梅ちん、残念だったね。

でも、たくさんの犬や猫に触れたり抱っこしたりすることができるので、小梅さん、お目目がキラキラ。

Img_0001_6

Img_0002_2

小さなお猿さんまで腕に乗せることが出来て大満足。

暑いわ疲れたわで早く帰りたい父母を尻目に、小梅はハイテンションで楽しんでいました。

Img_0013  

帰りの車の中ではふと気づくと小梅さん、爆睡。(笑

そりゃぁそうだよね。

あれだけハイテンションで巡っていたもの。

 

幾つまでキャンプに行けるのかな。

子供が大きくなるとキャンプになんて行きたがらなくなっちゃうんですって。

寂しいよな。

小梅が嫌がるまえに、たくさんキャンプに連れて行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンプ2日目

寒さで目覚めた2日目。

小梅に風邪をひかせてはならないと思い、一晩中背中から抱きしめて眠ったら、私の背中が冷えてしまったらしく、なんだか風邪気味。

と思ったら昼間はこれまた信じられないくらいの暑さ!

真夏かと錯覚するほどの暑い日になりました。

 

朝ごはんは定番のバターロールサンド。

いつもこれなんだな(笑

そして、栃木名物(?)レモン牛乳!!

Img_0001_5  

Img_0002_1

確かにレモン味の牛乳。(笑

笑っちゃうくらい、れもんこりっと(サクマ製菓の「いちごみるく」の姉妹品)に似てました。

小梅は見向きもしてくれませんでしたが、私はアリだと思いま~す。

 

朝ごはんが終わったら、小梅と旦那ちんは渓流釣り。

丁度我々のサイトの目の前に渓流があり、ニジマスを釣ることができるのです。

Img_0007_1  

小梅は釣りの才能があるらしく、いつもちゃっちゃか釣ってしまいます。

Img_0008

このキャンプ場は釣った魚をリリースすることが出来ません。

必ず買い取らなくてはならないというシステムで・・・

Img_0009

3人で食べるので3匹までと決めて釣らせたら、やはりすんなり釣ってしまいました。

 

100グラム幾らという設定で、計ってもらったら3匹で1,350円。

腸を抜いてもらってサイトに持ち帰り、旦那ちんが塩焼きにしてくれました。

Img_0004_1

ランチは冷や麦でしたので、おかずにしました。

新鮮なお魚は美味しいですね。

3人ともぺろりと平らげてしまいました。

 

夕飯は豚汁とチンジャオロースー。

妙なメニューですが、小梅ちんの強い希望で。(笑

今回はナンを焼いてカレーを食べたかったのにな。

カレーを作らないキャンプはあとにも先にもこれが初めてですw

 

勿論、父の手づくり柚子胡椒もジャムの小瓶に小分けして持っていったのでした。

柚子胡椒なしの豚汁なんて考えられませんからね~。

 

食後はサイトにかまどが用意されていたので、焚き火&花火をしました。

小梅の指示で旦那ちんも仕方なく一緒に花火。

私はコーヒーを飲みながら焚き火にあたって温まり・・・

遠赤外線の効果なんでしょうかね。

体の芯から温まることが出来、ふと気づくと小梅が焚き火の前においたベンチでうとうと・・・

どうにかこうにか起こしてお風呂に連れて行きました。

ここでもしっかり温まり、昼間のうちにレンタルしてきた毛布を加えて寝ました。。。

随分暖かかったな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW恒例のキャンプ。

梅♪家ではゴールデンウィークと夏休みには必ずキャンプに出かけます。

 

今年のGWは初めての那須遠征。

渓流釣りも楽しめるというキャンプ場です。

 

梅♪家はいつも電源つきのオートキャンプ場を利用しているのですが、今回もまた。

やはり小梅がいますので、電源つきでないと不安があるんです。

 

小梅は到着するなりお友達が出来て早速遊んで回っていました。

 

小梅のバレエが終わってから出発したため、着いたのは夕方。

夕飯は簡単に済ませちゃえということで、手抜きのパスタにしました。

4種類のソースを用意していたので3人で取り分け、品評会。

小梅はポルチーニ、旦那ちんはたらこクリーム、私はワタリガニのソース。

どれも美味しかったけど、3人の好みはこんな感じでしたね。

 

Mちゃんに連れて行ってもらったショットバーでご馳走になったクリームチーズを真似てカナッペを作り、旦那ちんのワインのおつまみにしたら大好評。

私もちょっと食べすぎちゃいました。

 

那須の夜は信じられないくらい寒くて、いつもの羽毛布団を持ってこなかったことを後悔。

今回のキャンプのテーマは<荷物を限りなく少なくする>だったものですから・・・でもこれは省いちゃいけなかったな。

反省、反省。

 

3人とも熱いお風呂に入って、これでもかとしっかり着こんで休みました。

 

空を見上げると、星がこぼれて落ちてきそうなくらい、豊かに、明るく輝いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハタアゲ

我が家の年中行事のなかでかなりレベルの高いもののひとつが、多摩川の六郷土手で毎年4月29日に行われる『ハタアゲ』。

長崎ビードロ会主催で、長崎の複数の高校の同窓会が集って行います。

Img_0004  

今年は長崎東高OBの『東龍会』による龍踊り(じゃおどり)が初参戦。

青空の下、龍踊りを見ることが出来ました。

Img_0001

Img_0006

長崎県出身者だから、みんな思わず口にしてしまいます。

「もってこ~い!もってこい!」

ながさきくんちの掛け声です。

 

 

そうそう、ハタアゲ・・・長崎出身の方ならご存知ですよね。

「ハタ」と呼ばれる凧を揚げ、空中で闘わせる、という長崎の行事のひとつ。春の風物詩です。

http://www.at-nagasaki.jp/nitca/hata/hata_q.html

Img_0001_4  

春の六郷土手は緑の柔らかなじゅうたんに青い空が良く映えます。

まだオムツが取れたばかりの小梅を連れて、高校の同窓会の行事として家族三人で参加したのがもう6年前?

小梅も毎年お馴染みのメンバーになっています。

 

ハタアゲといっても、大体みんな飲んだり食べたりが忙しく、ハタアゲに興じるのは一部のメンバーだけ(笑

Img_0007

いつも屋台が出て懐かしいちゃんぽん、皿うどん、あご(トビウオ)焼き、かんぼこ(長崎のさつま揚げ)などに舌鼓を打ち、長崎のチョーコー醤油や金蝶ソース、麦味噌などを買い込んで帰るわけですが、今年もちゃんとソースを購入。

Other_2_pic

関東では売っているお店がないんです。

毎年ハタアゲで纏め買い(笑

長崎人としては、金蝶ソースが皿うどんには欠かせませんからね。

 

小梅は旦那ちんが移動のために会場に持っていった折りたたみ自転車に挑戦。

何度練習しても乗れなかった自転車にすんなり乗ることが出来るようになりました!

何度もずっこけてお気に入りのレギンスの膝に大きな穴をあけてしまってバツが悪そうでしたが、自転車に乗れたことが嬉しくて、ちょっと得意げでした。

 

風が強くて今年はタープを張れなかったため、帽子を被っていたのにすっかり日焼けしてしまいましたが、大変楽しい時を過ごしました。

 

そうそう、昨年はお腹に赤ちゃんがいて同窓会に参加できなかった後輩が、赤ちゃんと旦那さま連れで来てくれました。

まだ4ヶ月のRちゃん。可愛くて、小梅は勿論、参加していた子供たちも夢中。

Img_0002

みんなで撫でたりあやしたり・・・Rちゃんはちょっと迷惑だったかしら?(笑

 

来年も勿論参加する予定です。

参加は無料ですし、長崎県出身でなくてもOKですので、どうぞ皆様もお気軽にお越しくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)