« 2010年8月 | トップページ

2010年9月

かもしーかも。

鴨川シーワールドって、遠いからお客さんも少ないのかなと思っていたら、案外そうでもなく。

駐車場もしっかり埋まっていました。

 

パフォーマンス絡みはほぼ定員が埋まり、完売だったので小梅ちんがブーブー。

http://www.kamogawa-seaworld.jp/index.html#/performance_discoveryGuidance

着くと間もなくイルカのショーが始まり・・・

Imgr_0001

その能力の高さに感動。つるつるで綺麗ね~。

なのに海の豚って、だれよ、そんな漢字を宛がったの。

巨大なマンボウと記念撮影。Imgr_0002

まったくもって不思議な生き物。

こんなに大きくなるのね。。。

 

お次はシャチのショー。

Imgr_0005_2  おー!  ・・・どうだっ!Imgr_0006

もういっちょ・・・よいしょっ!!

Imgr_0003 Imgr_0004  

目の当たりにするとすごい迫力。

シャチなんて、獰猛で海ではちょいと名の知れた暴れん坊なのに、この綺麗なお嬢さん方はシャチを自在に操り、抱きついたりチューしたり。

彼氏は見ていられないのでは?

・・・などとオバちゃんの余計な心配はさておき。

立て続けにアシカのショー。2列目のど真ん中、いいお席に座ることが出来ました。

有名ですよね。ここのアシカくん。

Imgr_0007 あらよっと!

              ゆる~い小芝居は、子供たちに大うけ(笑

Imgr_0008Imgr_0010 

器用なんですね。号泣シーンです。

 

これはCMでも有名。Imgr_0009_2

 

本当に「いひひ」と笑っているみたいで、見ているこちらも笑顔になっちゃいます。

 

お次はベルーガのショー。。。ああ、忙しい。。。Imgr_0011 ベルーガって可愛い顔してる。

 

水族館を堪能して外に出ると、マンボウ焼きという焼き菓子を売っていて、小梅が欲しがるので、買ってみることに。

8マンボウで300円、15マンボウで500円。

どうせ大して食べないだろうと8マンボウを頼んだら・・・

Imgr_0012

「1マンボウ、2マンボウ、3マンボウ・・・」

と数えながら袋にポイポイ・・・

「8マンボウ、8マンボウ、8マンボウ・・・」

???

「もひとつおまけに8マンボウ!」

結局15個も頂いてしまいました。

小梅ちん、大満足。Imgr_0013

アメリカ大陸をバックに(見えんてw)、満面の笑み。

とっても美味しかったそうです。13.5マンボウ食べました。(笑

 

帰りは車の中で爆睡。

とても楽しかったようで、頑張って連れて行った甲斐があったね、旦那ちん。

「俺は運転しかしてなかった気がする・・・」

うん。うん。おつかれちゃん。

帰りは助手席で居眠りしないように頑張りました。(笑

 

おまけの1枚。

Imgr_0015

でっかいウミガメの甲羅。まるで陶器のようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんや

千葉に越してきてから、保育園や小学校で配られる鴨川シーワールドの割引券を持ち帰るたび、行ってみたいと懇願していた小梅ちん。

逗子に住んでいたころは幾度となく八景島シーパラダイスに連れて行っていたのだけれど、鴨川はあまりにも遠くて行く気がしなかったわたしたち。

でも、ここのところのお稽古事への頑張りと、これからしばらく仕事で小梅に我慢をさせなくてはならない時期が続くことを思い、意を決して行ってみることにしました。

 

しかしまぁ、遠いこと。

日ごろの疲れもあり、私は助手席で夢の中。

ごめんねー、旦那ちん。

どうしても旦那の車に乗ると、途端に催眠術にかかったように寝てしまうんです。。。

 

旦那ちんが下調べをして見つけた『ばんや』というお店。

http://www.awa.or.jp/home/hota-gk/oshokuji/oshokuji.html

かなり有名らしく、着くとすごい人だかり!

駐車場の車のナンバーもかなり遠方からの車が多くて驚きました。

F1000139

中はぎゅうぎゅうで入り口にも人が溢れていますので、呼び出しまでの間、みんなこうして大人しく待っています。

しかし驚くほど回転率がよくて。別館とか新館とか、客席がかなりの数。

入り口でマイクとお客さんのリストを持ち、案内誘導をしていた女性が素晴らしく捌けた方で驚きました。

 

お魚料理を楽しみに参りましたが、刺身の盛り合わせをチョイス。

F1000136

お刺身も一切れが大きい。ごはんも多かったので、小梅と分けてちょうど良かったな。

お隣のご紳士が召し上がっていた鰤のかま焼きが美味しそうで羨ましかったのだけど(笑

F1000135

小梅はまたもや、イカげそ揚げ(笑 

 

新鮮なお魚を堪能し、いざ鴨川シーワールドへ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた、ちょっぴりお姉さん。

長いようで短かった夏休み。

合唱部の練習が毎日大変だった第1ターム。

今年もひとりで飛行機に乗り、九州のおばあちゃんのところへ行った第2ターム。

ここで予期せぬ交通事故に遭い、ハラハラドキドキのオプションコース。

千葉に戻り、どうにかこうにか宿題も終わらせることが出来た第3ターム。

 

夏休みって、40日もあるのにあっという間。

小梅の夏休みの成果って・・・

 

そう。

この夏休み、小梅は実はうんと成長したのでした。

 

かねてから梅♪の嘆いていた小梅の甘えんぼ。

未だにひとりでお留守番が出来ないうえに、寝る時もひとりでは無理。

事故でちょっと精神的に参っていたこともあり、私の腕の中で眠りたいと泣くこともしばしば。

でも、実はこの夏休みで驚くべき成長を遂げたことが。

 

小梅のバレエ教室は隣の駅。

電車で5分もかからないけれど、学校からも家からも、駅までは大人の足でも15分かかる場所にあります。

これをひとりで学校からバレエ教室までいけるようになりました。

 

3年生になった頃からバレエのレッスンをもっとたくさん受けたいといわれていましたが、送迎のために会社を休むことがままならず、諦めてもらっていたのですが、夏休み前に嘆願され、旦那ちんとも協議の上、携帯電話を持たせて行かせる事にしました。

これが驚き。

ちゃんと行けるんですね。

事前に道を覚えさせるために一緒に歩き、目印となるポイントを何箇所か説明し、一休みするポイントも、アイスを買い食いするポイントも、説明しましたので、完璧です。

今日で6回目。もう慣れたものです。

4回目くらいからは、駅前の自転車置き場に立ち寄り、私の自転車にギュー(抱きしめる)して行っているそうです。

前回は自転車に不要なレシートの裏を利用して小梅あてのメッセージを残しておいたら、とても喜んでいました。

やはりちょっぴり心細いんですね。

 

この猛暑のなか、学校から駅まで、大体20~25分くらいかけて歩き、電車に乗って、隣の駅に着いたら更に徒歩5分。

およそ45分ほどの移動ですが、小梅にとっては肉体的にも精神的にもかなりの負担を強いられることだと思います。

なのに、バレエにもっと行きたいと。

 

決して他の模範となるような上手な生徒ではありません。

けれども、上手になりたいんですね。

よそのお子さんのように、お稽古事も遊びもさせてあげられていないので、散々悩んだ末に許可しました。

 

夏休みだけという約束でしたが、本人がまだ回数を減らしたくない、むしろ回数をもっと増やしたいと懇願するので、とりあえず9月も継続して行かせることにしました。

 

今日は学校帰りに初めてバレエにひとりで行く日です。

先生にナイショで携帯をランドセルの奥に忍ばせてあります。

 

小梅「ママ、絶対に携帯に電話しないでね。ビリビリ(バイブ)っていうんだから。」

梅♪「はいはい。」

小梅「ママが会議中だったら、パパに電話するから、パパにお話しておいてね。」

梅♪「わかった、わかった。」

 

なんだか立場が逆転したみたいで、ちょっと頼もしく思った今朝のやり取り。

 

 

追記。。。

 

皆様にご心配頂いていた、小梅と私の両親の事故後の様子ですが、お陰さまで病院にかかるほどのものではなく、もう、いつもの毎日を送れるようになりました。

母はやはり少々打撲の痛みを抱えていますが、通院するほどではないそうです。

小梅も首の擦り傷がすっかり目立たなくなり、すこぶる元気に過ごしています。

精神的にも安定した様子。

大変ご心配をおかけしましたが、もう、大丈夫です。

いい勉強をさせていただいたと思います。

ご先祖様や周りの皆様に守り、助けられて、今のこの平穏な毎日があるのだと心から感謝いたしております。

 

どうぞ今後ともよろしくお付き合いくださいませね。。。

                    梅♪ファミリー 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ