« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

会いたい。

今、会いたくてたまらない人がいる。

 

彼女は私の母親くらいの年齢。

かつて、社長秘書として勤務されていた女性、Sさんだった。

 

当時私は入社2年目。

働くということに喜びも活力も見出すことの出来ずに転職を繰り返していた、いい加減な女子社員。

この会社も腰掛で2~3年しか勤務しないつもりで"気軽に"入社したのであった。

 

彼女は社会人として全然なっていない私に社会の常識やマナー、接客や話術のノウハウを給湯室で教えてくれた。

Sさんは茶道・華道・着付けなど、

いつも全身黒い装いで、決して目立たず、いつもどんなときも誰であってもピンチに陥った人を極めてスマートに助けてくれる方だった。

反面、そそっかしくて少女のように可愛らしいところもあったっけ。

華奢で小柄な彼女はいつも小鹿のように軽やかな足取りで社内を往来していた。

 

 

諸事情により会社が分社することになり、彼女が退職という扱いになったのだが、年賀状のやり取りだけは欠かさなかった。

社会人になって私が一番尊敬する人物だったから。

ずっと繋がっていたかった。

 

小梅を出産してから数年たち、彼女からの年賀状が届かなくなった。

私の出した年賀状は戻っては来ないので、相手には着いているはず。

未婚の彼女は高齢のご両親とお住まいだった。

きっとお忙しいのだろう。

でも、僅かな不安もそこにはあった。

 

実は彼女は癌に侵され、何度も手術を繰り返し、最後は胃の殆どを切除していた。

まさか・・・。

 

 

電話をしてみても出ない。

便りがないのは元気な証拠と信じて待とうと思った。

 

そして確か3年前。

正月休みも終わろうとした頃、彼女から突然電話がかかってきた。

そうだ、年賀状に携帯の番号を書いておいたんだった。

 

聞けばやはり再発した癌の治療のため、郡山の病院へ入退院を繰り返していたという。

それで年賀状も書くことが出来なかったと。

治療中であるとはいえ、元気でいてくれたこと、私を覚えていてくれたこと、電話をくれたことが本当に心から嬉しくて、受話器を持つ手が涙で濡れた。

小梅の写真を見て、その成長を喜んでくれた。

実物に会いたいと言ってくれた。

 

本当に、心から嬉しかった。

 

それからまた年賀状の来ないお正月をたぶん3回過ごした。

かつて同時期に他部署だったTさんから突然電話を貰った。

例の女性に会いたいと彼女も思っていたらしい。

一緒に逢いに行こうと連絡を取ることにした。

 

しかし連絡は取れない。

かかっても留守電になってしまう携帯も1年近くかけないうちに解約されてしまっていた。

 

最悪の事態を想定し、覚悟を決めた。

 

 

忙しい毎日を過ごすうち、Tさんが居ても立ってもいられず、その女性のお宅を単身訪ねてみてくれた。

家は留守だったが、近所の方の話では何方かがまだお住まいで、デイサービスを利用されているとのこと。

たまたまそこへ家の窓を開けて空気の入れ換えをしようと訪れたその女性の弟さんに出会え、話を聞くことができたという。

 

 

 

Sさんは、ご健在だった。

しかし、癌の治療に使用していた薬の影響で認知症が進んでいるという。

時折、家族の顔もわからなくなってきているとか。

だから、我々のことも覚えていないだろうし、迷惑だから会わないでほしい、見舞わないで欲しいと言われたそう。

 

 

Tさんに辛い思いを1人でさせてしまったことに、本当に申し訳なく思った。

また、どうしてもっと早くSさんに会わなかったのか、無理してでも時間を作らなかったのか、自分を責めた。

 

諦めきれず、Sさんの弟さんに連絡を取るため、手紙を書こうと思う。

通常の郵便はいつも本人に手渡すことなく置いてあるという事だったので、宅急便で出すことにしよう。

懐かしい写真を入れて。

 

迷惑と仰ったことが私にはちゃんと納得できていないから。

本当の、心の声まで聞きたいから。

覚えていてくれなくてもいい。

ただ、私の感謝の気持ちを伝えたくて。

 

会いたい。

会って、思いを伝えたい。

 

わがままなのかもしれないけれど、弟さんにちゃんと心のうちを伝え、自分で交渉してみたい。

このままでは、悔いが残ってしまう。

 

今、認知症について少しずつ学んでいる。

私に出来ることを出来うる限り、やってみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうして学生時代にしっかり学ばなかったんだろう。

大人になって、学生時代に学ばなかったことを大変後悔している。

 

そう、高校時代も女子大生時代も、いつもサボること、遊ぶことばかり考えていたな。

大学時代はアルバイトとバンド活動に精を出し、学校へは単位を貰うためだけに仕方なく通っていた。

親不孝者だったよな~。

 

実はこのたび、ママ友がジンボリーなどで個人輸入をちょくちょくしているのを羨ましく思い、魔が差してしまったのか、大好きなキャスキッドソンのUKのサイトでオーダーをしてみた!

勿論英語だらけ。Queen's English というやつよね。

もー、商品の説明もわからんちん。

いや、大体こんなもんだろうと、ぽちっ、ぽちっとボタンを押していたら、あらら。うっかりオーダー完了してしまった。

会社に届けてもらえば、受け取りも安心。で、配達先は会社に。

 

でもさー大丈夫?

住所の表記とか、送料とか、関税とか。

 

ま、いっかー(笑

 

 

で、13日にオーダーしたわけです。

 

ところが、配達が遅い・・・クレジットの決済は終わっていると言うのに・・・。

え~?何か不具合があった???

にわかに焦りだし、会社に出入りしている黒いネコちゃんの配達業者さんに尋ねてみたり、Cathのヒストリーをあけて見たり…。

 

が、冷たい雨のそぼ降るなか、予想外の展開。

郵便屋さんがロイヤルメールで届いた荷物を運んできてくれた。

そか、ロイヤルメールか!

 

仕事中にもかかわらず、荷物を解いてみると、きゃぁぁ♪素敵っ♪

夢のようなCathの世界がそこには詰め込まれていました。

 

が、しかーし。

 

バスジェル&ローションのセットからいい匂い。

むむ?なんでぬるぬるするの?

きゃぁぁぁぁぁ!こぼれてるやん!!!

 

不具合があったら、問い合わせすべきでしょう?

返品とか交換とか。

でもね、相手は海の向こうのお目目の青い人たちの国。

無理。

 

エキサイトの翻訳ソフト使ったりして、どうにかこうにかメールを作成。

写真を数枚撮影して、添付して送りつける。

 

ちゃんと望んだ対応をしてもらえたら拍手喝采!!!

結果は48時間後!!!

 

全く・・・。学生時代にしっかり英語を学んでおけば、今こうしてドキドキしたり悩んだりしなくてもいいのにね。

もう、今さら学んでも先が短そうだから諦めるけど(←おい!)、ちょっと後悔した梅♪でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おねえちゃん

今日は旦那ちんが出勤だというので、小梅とふたり、お出かけをすることに。

Cimg4514  

乗り換え2回の電車内、本ばかり読んでちっとも構ってもらえず、寂しい梅♪。

携帯いじってましたが、つまんない、つまんない。(笑

 

先月、福岡から来て、遠征が延長になっている高校の後輩に会うため、横浜まで出かけることにしたのでした。

てか、決めたのは旦那が出勤していった午後1時頃だし。(笑

早く決めろって話。

午後3時半に横浜駅で待ち合わせ。

 

彼女は横浜に単身赴任中のダーリンの元に身を寄せているのだが、既に1ヶ月を過ぎてるし~。

こっちに住んじゃえ~(笑

 

 

で、ブログではしょっちゅう見てるけど、初めて会うきゃわゆい娘ちん、「みーたん」にご対面~。

んもー、実物はやはり思った以上に可愛い!!!

小梅があまりの可愛さにバギーのハンドルを離さない(笑

Cimg4521

すっかりお姉さん気取りであやしたり、お世話したり。

 

もう、完全におもちゃ(爆

Cimg4516  

みーたん、おつかれ。

 

見よ、このまつげの長さ!

いまどきのギャルに見せ付けてやるんだ!

羨ましがられちゃうよ~

 

 

とにかく可愛くて可愛くて、手放すのが惜しい、小梅ちん。

夕方まで引きずり回して、くたびれたであろう「みーたん」。

めそめそ泣き出してしまったので早々に退散しようとしたら、小梅ちんがこんどはしょんぼり。

 

「もう、終わりなの?遊べないの?」

 

恋人の別れのシーンか。

どうにかこうにか引き離し、バイバーイと元気に手を振ってお別れ。

 

帰りの電車を待つホームでも

「もっと遊びたかったの。可愛い赤ちゃんだから、大好きだったの。」

としょんぼり。

おいおい、マクドナルドでひとりで本を読んでいたのはどこのどいつだ~い?

ま、みーたんも別のものに興味を示し、挙句ちょっとのあいだ寝ちゃってたんだけどね。

 

電車を待つホームで、後輩が小梅のためにとお土産に買って来てくれた腕時計をつけてみる。

大人っぽいおしゃれなデザインなのに、サイズもぴったり!

つい最近、小梅の唯一持っている腕時計(コンビニで購入した食玩もの。300~500円)のデジタル表示が非常に見づらく、時計の昨日を果たせないことに気づき、そろそろまともな腕時計を買ってあげなきゃいけないのかなと旦那ちんと話していたばかり。

さては・・・れーちゃん、我が家に忍び込んで聞いていたな?(笑

 

ともかく、相当お気に入りのご様子。

パパが帰ってきたら見せて自慢すると言い張りますが、明日は学校ですので、残念。

明朝、パパに早く起きてもらってどうぞ自慢してください。

 

れーちゃん、ありがとう。楽しかったよ~。急に呼び出してごめんね~。

今度の集会は福岡かな~?

その頃はみーたんも歩くのが楽しくなっているかしら。

みーたんの大ファンになった「おねえちゃん」のこと、ちょっとでいいから覚えててね~!

 

******* おまけ ********

帰りの電車の中、持って行った本を読み終えてしまった小梅ちんは退屈のあまり、寝てしまい・・・寄りかかられていた梅♪もうとうと・・・するといきなり小梅ちんが椅子から崩れ落ちてしまいました。

寝ててベッドから落ちるのとはわけが違うぞー。

電車の中で椅子から落ちるなんて、酔っ払いのオッサンみたい。

恥ずかしかった~~~~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

受験生?

土曜日に購入した奥の細道

すぐに飽きるだろうと放っておいたら、黙々と書き進めている。

 

でも、眠たいなら止めて眠ればいいじゃん。

 

Cimg4505

 

受験生か。この子は。

 

 

何がそんなに魅力なんだろうね???

ま、決して悪いことではないので止めはしないけど・・・。

 

夫婦で大笑い(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でも、やめろっていえないところがミソ。

数年前に大人用の塗り絵が発売されたことを知りました。
楽しそう!と思いましたが、やる暇がなさそうなので結局購入していなかったのですが。

 

今日、小梅のバレエのレッスンの帰りに100円ショップに立ち寄ったところ、小梅がこれを目ざとく見つけてきて、買って欲しいとねだります。
いや、大人の塗り絵だから、大変だよ?と言ってたしなめましたが、彼女はホンキです。

 

価格は210円。
http://www.daiso-syuppan.com/product/product04-03.html
中身をパラパラと見てみると、やはり難しそうなご様子。

 

ま、210円でしょんぼりさせてしまうのもどうかと思い、買い与えることに。

 

あれ?ふと見ると、なぞり書きをする「奥の細道」もしっかり手に持っている。
http://www.daiso-syuppan.com/product/product04-05.html
おいおい、それもやる気???

 

自宅に帰るといつの間にか色鉛筆とふでばこを用意し、取り組んでいました。

やがて小梅ちんは奥の細道の「発端」を書き終え、せっせと大人の塗り絵に取り組んでいます。
高度な技術が解説として載っているのですが、まだ読めない漢字がたくさん。

いちいち「これなんて読むの?」「意味がわかんない」「ここはどの色がいいのかな」という問いかけに真面目に答えなくてはならないのが面倒で、正直参ってしまいました。

 

書き終えるまでにまた付き合わされるんだろうな・・・。

 

色々と挑戦することは素晴らしいことだけど、程度を考えて欲しいわ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ざぶ・・・

春はすぐそこだと思っていたのに、今日は冷たい雨。

・・・と思ったら、なにやらほたほたとした落下物。

 

 

雪だ!

 

 

そそくさと会社を退出すると大慌てで駅へ向かう。

小梅を学童へお迎えに行くのに、自転車にも乗れやしない。

 

 

ふらつく足を引きずるように向かうと・・・お迎えは最後。

そうだよね、こんなに寒い日、みんな早くお迎えに行くよね。

 

 

小梅と一緒に白い息を吐きながら、どうにかこうにか家に帰りつく。

 

クラムチャウダーで身体を温め、ようやく沸いたお風呂にりんごの香りの入浴剤を入れて、ガーゼのハンカチで遊びながら二人でのんびり入浴。

小梅にはこの入浴剤、香りが不評でしたが(笑

 

 

明日は止むかな。

 

雨や雪の日のお迎えは、本当に大変。

やはり運転免許が必要かな。

免許・・・取ろうかな・・・w

| | コメント (1) | トラックバック (0)

IKEA眠りグッズ感想レポート~掛布団編~

IKEAの掛布団は、実は幾つも持っている梅♪家。

特に薄い羽毛布団がお気に入りで、年中使用しています。

厚みも色々あるのだけど、何しろ価格が安い。

薄手の羽毛布団はキャンプに出かけるときもぎゅぎゅっと丸めて持っていくことができるので特に重宝しているのです。

しかし今回はスタッフさんのお話をちゃんと真面目に聞いていて、暖かさのレベルが細かく設定されていることと、温度調節を自分でやってくれるお布団があることを知りました。

 

MISA LJUNG79519_pe203605_s3

暖かさのレベルは3。
今まで掛布団は羽毛が良いと勝手に思い込んでいた梅♪。
でもね、温度調節機能付きポリエステル不織布が裏地に使用されていて、中素材は モダル 50%, ポリエステル 50%というので安っぽいのかと思ったら程よい質感でかなり満足。
羽毛だと軽すぎて蹴飛ばすことが多いんですね。
それがこのお布団だと温度調節がなされているために環境に満足しているのか、蹴飛ばさなくなって。
ぐっすり眠っているため気づかないのか、蹴飛ばすことが少なくなったので掛けずに済んでいるのかわからないが、夜中に起きて布団を直すことがないような気がするな。
そしてそして、羽毛ではないのでお洗濯できるんです!これは嬉しい!
お布団カバーをせっせとお洗濯しても、お布団自体にしみこんだ汚れが気になりますよね。
このお布団はそれを気にせず、なんとタンブル乾燥までできてしまう!
絶対お勧めです。
コストパフォーマンスが高いお品だと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IKEA眠りグッズ感想レポート~枕編~

IKEA眠りグッズ感想レポートです。

楽しかったIKEAのお泊まり会から、はや2週間が経過。

お土産にどっさりいただいた眠りグッズたちのその後をレポートしたいと思います。

まずは梅♪の枕から。

GOSA LILJA 

  79534_pe203619_s3_2

ついつい小梅のほうを向いて横向きで眠る梅♪はGOSA LILJAを選びました。

これはてい高さがある枕で、横向きで休んだときに肩が窮屈にならない。

中素材は ポリウレタン形状記憶フォーム。

程よい反発力がGood。首をちゃんと支えるので、無理がない。

実際に、肩こりがおさまっているようす。

ようやく自分にあった枕に出会ったのかも。

続いて旦那ちんと小梅の枕。

GOSA KÄRNA ピローコア仰向け用 & GOSA VIDE アウターピロー仰向け用

基本的に仰向けで寝ているこの二人には、この組み合わせ枕を選択。83095_pe209232_s3

この枕はピローコアのGOSA KÄRNAというぺたんこのウレタン枕を、ふわふわのわたがはいったアウターピローGOSA VIDEに入れて高さをそこそこに保つもの。

汗をかきやすい旦那ちんと小梅ちんにはアウターピローがお洗濯できるこのタイプがベストと判断しました。

今まで外国製のでっかい低反発ウレタンの枕を三つ並べて使用していたのですが、価格ほどの魅力を感じられずにおりました。

旦那ちゃんの感想は「まぁ、いいんじゃない?」。

特に奇跡的に良くなったというものではないそうですが、あっていると思う、とのこと。

ただいえるのは、価格の安さとアウターピローがお洗濯可能と言う点で、この選択は正しかったと思います。

枕って、お洗濯できないのがストレスだったんですが、このアウターピローがお洗濯可能というのがかなり気に入りました。

枕カバーだけでは汚れが心配ですものね。

ではでは、お次は掛布団のレポートに進みますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月3日は・・・

3月3日は桃の節句。

毎年ちゃんとお雛様を出してあげていたのに、今年はお天気が悪かったり具合が悪かったりでなかなかいい日にお雛様を出してあげることが出来ず・・・

結局お雛様は屋根裏で桃の節句を迎えてしまいました。

小梅ちんとの先日の会話。

梅♪「ごめんね、お雛様を出してあげられなかったんだけど・・・」

小梅「え?またぁ?」

梅♪「え?毎年出していたでしょう?」

小梅「だって、クリスマス・・・」

そうだった。

今回はクリスマスもツリーを出してあげていない我が家。

バレエの発表会やらピアノの発表会やらで10月くらいから怒涛のような日々を送っていたワタクシ。

もう、イルミネーションの一部とリースをつけただけでよれよれ。

旦那ちゃんに後を任せていたのだけど、ツリーまで手が回らず、

「今年はツリーなしね」

と相成った。

我が家のツリーは210センチの巨大サイズ。

出すのも一苦労、しまうのはもっと苦労するものだから。

お雛様はいつも和室に飾るのだけど、今年はお雛様の定位置に電子ピアノを置いてしまったものだから、その移動を考えるとどうにもこうにも後回しになってしまい・・・。

ごめん、小梅ちん。

悪い母を許して。

貴女がお嫁にいけるように、ママはより一層貴女を厳しくしつけるから。

・・・違うか。

それからそうそう。3月3日は私の父の誕生日。

桃の節句に生まれた、背の高い爺さん。

お誕生日おめでとうと孫から電話を貰い、ご機嫌。

だけど、せっかく買ってやったお雛様を飾っていなかったことを知り、ちょっとお怒り。

ごめん、ごめ~ん。

やれやれ、謝ってばっかだな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »